氏名・生年月日・出身校区・集落

副町長松原孝三郎氏

  • 松原 孝三郎
  • 昭和25年12月17日
  • 野間校区
  • 中山集落

信条もしくは好きな言葉

- 農林水産業の振興なくしてまちの発展なし -
中種子町は、なかたね音頭にも歌われているように、畑は四千町歩あり、昔から農業のまちとして栄えてきました。今後も安心・安全な農産物の生産でまちの発展を願います。

仕事の内容

川下町長の補佐役として、職員と一体となった各種事業計画の検討や推進、町民の要望と苦情対応などをしています。

中種子町の現状

中種子町の財政状況は、行財政改革を推進しながら財政健全化に努め、人の和と豊かな実りに新たな希望が持てるまち”なかたね”をめざします。そのために、農業を基幹産業とするまちとして農林漁業の振興と商店街の活性化、福祉のまちとして共に生きがいに満ちた保健・医療・福祉の充実。教育では「21世紀をたくましく生きる中種子の子の健全育成」を柱に、生涯学び続けるまちをめざし取り組んでいます。

中種子町の課題

  • 農林水産業の振興,基幹作物のさとうきびの単収向上,地域の恵まれた気象条件を生かした露地野菜,畜産振興
  • 少子高齢化社会に対応した医療・介護・福祉スタッフの確保
  • 地域商店街の振興

関東中種子会・ふるさと会への期待と希望

昨年の全国消防操法大会では、大変多くの関東中種子会の皆さんの応援をいただき大変ありがとうございました。また、毎年の中種子町町民体育祭に多くの出身者にご参加いただき感謝申し上げます。
今後も関東での各種交流会やイベントなどの開催のときは、ご支援をよろしくお願いします。